銀行カードローン 借金

カードローンはあくまでも借金

審査待ちの男性

 

カードローンを利用する際には、当然審査を受けることになります。

 

しかし、担保や保証人が必要ではないので、簡単に申込みができることになります。

 

ご自身の収入や勤務先によって、利用限度額が定められるのですが、限度額まではいつでもどこでも利用できるので、まるでご自身の貯蓄を引き出すような感覚に陥ってしまう人も多いのです。

 

当たり前のことですが、カードローンを利用するということは、借金をするということです。

 

しかも、目的別ローンではなく、どんな用途でも借金ができる状態ですので、金利も高く、いくらリボ払いなどの分割返済の方法を選択しても、毎月の返済額は決して安いものではないのです。

 

カードローンの利用をする人は、本当にお金に窮している人もいれば、なんらかのお金が必要になった場合の対処としてカードローン会社に申込みをする人もいます。

 

いずれにしても、借金をして高い金利分も負担しなくてはならないような状態になることだけは避けなくてはなりません。

 

万が一、借金の返済ができないような状態になりますと、返済遅延のための特別な高い金利を課されることもありますし、毎月の借金の返済ができなくなりますと、借金の返済のために、他のカードローン会社に申込みをしてしまう可能性もあるのです。

 

つまり、多重債務者になるということです。

 

多重債務者になれば、複数のカードローン会社に返済をしなければならないので、返済の負担は心身ともに大変な状態になります。

 

簡単に利用できるからといって、カードローンを多用することは避けなければなりません。